秋になっても日焼け止めは必要です「光老化」の恐怖とは

こんにちは!

西宮市、夙川・苦楽園エリアの女性専用サロン

「夙川カレーズ」のオーナーセラピストの三好です☆

 

10月が終わろうとしています

今月は、前半と後半で季節が「夏→冬」へ

秋をとばして進んで行ってしまいましたね

 

1ケ月の間に、こんなに気候がガラッと変わる

ことも珍しいのではないでしょうか★

 

毎年、夏が終わって思うのは

「あ~、もう日焼け止め塗らなくていいかな」

ということなんですが

 

美容系のユーチューブや本などでは

皮膚科の先生が

「日焼け止めは365日必要です!」と

しつこいほどおっしゃっています

 

夏の日焼けの原因となる紫外線

体や肌の老化を起こす紫外線

「別物」

なんです!( ゚Д゚)

 

肌に影響を与える紫外線には

UV-AとUV-Bの2種類がある、

というお話を聞いたことはありませんか?

 

夏の日焼けの原因となるのはUV-B

これは

・肌を赤くする

・皮膚に直接ダメージを与える

・ターンオーバーを乱し、バリア機能を低下させる

・シミや炎症、皮膚がんの原因となる

もので4月から9月に多く、冬は夏の1/5程度に減少します

 

対してUV-Aの方は冬でも夏の半分程度の量

にしか減少せず、一年中油断ができません

UV-Bに比べて波長が長く、皮膚の深い部分である

真皮や皮下組織にまで届くため

シワやたるみの原因となります

 

もちろん、加齢による「自然老化」でも

シワはできるのですが、

紫外線による「光老化」によってできる

シワは自然老化によるものと比べて

深く長く、肌の黄ばみやごわつきも

引き起こしてしまいます

 

シワやたるみなどの肌の老化現象の原因は

自然(加齢)老化2割

光老化8割

だそうです

そうなると、本当に光老化って恐ろしい(ノД`)・゜・。

 

光老化を予防するには一にも二にも

「紫外線対策」をすること

以外にありません

・紫外線の強い時間帯はなるべく外出を避ける

・外出する際には日傘や帽子を使用

・長袖を着用し、肌の露出を抑える

・365日日焼け止めをきちんと塗る

徹底してやろうと思うとなかなか難しいですが・・・

 

美意識の高い方は一年中長袖で

サングラスに帽子にと紫外線対策を欠かしませんが

それを横目で見ながら

「ま~、大げさな」

などと思っていた自分が恥ずかしいです。。。

 

光老化によってできてしまった

深いシミやたるみは、セルフケアでは

対処できない状態になってしまうので

普段のスキンケアでしっかりと保湿をして

皮膚のバリア機能を促進させましょう