空気が乾く秋・乾燥に注意です★

皆様こんにちは!

西宮市、夙川・苦楽園エリアの女性専用サロン

夙川カレーズのオーナーセラピストの三好です☆

 

ご興味を持ってブログを見ていただいて

ありがとうございます(≧▽≦)

 

朝晩は大分秋らしくなってきましたが

昼間はまだ夏の暑さが残っていますね(>_<)

 

明日は秋分の日、

夏にあふれていた陽の気が減少し

明日から冬至の日まで昼間の時間が

短くなって夜の時間が増えていきます

 

秋は空気が乾燥し、

鼻の渇き、のどの痛み、咳

といった呼吸器系の不調や

口やのどが渇く、肌の乾燥、

便秘になりやすい、などの症状が

あらわれやすくなります

 

漢方の「五臓」で秋に関連する臓器は

「肺」

くるみ、栗、らっかせい、銀杏、レンコン

白ごま、百合根、豆腐、はちみつ

これらの「白い食材」は

肺を潤し、肺の働きを良くします

積極的に食事に取り入れましょう

 

逆に辛いもの、刺激の強いものは

食べると体の水分が失われやすく

乾燥をまねくため、控えましょう

 

乾燥による肺機能の低下は

冬ほどの強い乾燥ではなくても

夏からの湿気に慣れた体には

大きなダメージになることがあります(´-ω-`)

 

東洋医学では季節ごとに

どんな臓器を労わるべきかが定められており

それに従っていけば、気候に応じて

体調が整えられるようになっています☆

 

肺に良い「白い食材」は旬のものが多いので

普段の食卓に是非取り入れましょう♪