お風呂でやりがち・やってはいけないNG行為

こんにちは!

西宮市、夙川苦楽園エリアの女性専用サロン

「夙川カレーズ」のオーナーセラピストの三好です☆

 

ご興味を持ってブログをみて下さって

ありがとうございます(≧▽≦)

 

緊急事態宣言下ではありますが

ようやく過ごしやすい季節になってきましたね☆

 

のんびりゆったりとバスタイムを

楽しまれている方も多いと思います♪

 

今日はそんな、一日の中でもリラックスできる

時間のなかで意外とやりがちな、

でもやらない方がいいよー、という行為を

ご紹介していきます

 

NG行為その1 「湯舟に浸からず、シャワーだけで済ませる」

これは暑い夏にやりがちですが、

意外と一年中やっている方も多いようで

「ウチは家族がお風呂を使う時間がバラバラだから

お風呂を温め直すガス代がもったいない」

などといって冬場でも湯舟に入らないご家庭もあるようです

湯舟にきちんと浸かることは

リラックス効果はもちろんのこと

全身が温まるので血流が良くなり

温熱効果がしっかりと得られるため

疲労回復効果もバッチリ

基礎体温が上がり免疫力もアップします!

 

しかし、シャワーだけでは体温も上がらず

血液も循環しないので疲労回復効果は

低く、低体温症になりやすくなってしまいます

体温が低いままだと、免疫力は下がり

癌細胞に狙われやすくなります( ゚Д゚)

 

ガス代をケチって病気になってしまったら

本末転倒ですよね(´-ω-`)

 

NG行為その2 「お風呂に浸かりながらのシートパック」

湯舟に浸かり、リラックスしながら

顔の毛穴が開いた状態でパックの

美容成分を注入する・・・

一見よさげな感じがしますが

お風呂に入ると毛穴が開くだけでなく

同時に汗もかくので

せっかくのパックの成分が流れていって

しまいます

パックはお風呂上りにしましょう☆

 

NG行為その3 「シャワーのお湯を直接顔に当てる」

これもやりがちですが、絶対にダメです!

シャワーの強い水圧を直接顔に当てることで

内出血、シワ、たるみを引き起こす原因になってしまいます

お顔の皮膚は他の皮膚よりも薄くて繊細です

叩いたり、こすったりする強い刺激はNGです

「気持ちがいいし、簡単だから」

と安易にシャンプーを流すついでに

お顔にシャワーを当てるのはやめましょう