顔が大きくなる生活習慣②頬杖をつく

こんにちは!

西宮市、夙川・苦楽園エリアの女性専用サロン

「夙川カレーズ」

オーナーセラピストの三好です☆

 

昨日は七夕だったんですが( ^ω^)・・・

一日中雨でしたね( ゚Д゚)

そして、想定内でしたが、まん延防止法の

延長に、東京は緊急事態宣言の発令

なのにオリンピックはやるという矛盾

緊急事態宣言を出すのなら中止が

当たり前なのに、よーわからん

まあ、それをここで言っても仕方がありません

 

さて、顔が大きくなってしまう習慣その2

ですが、「頬杖をつく」

これは子供の頃から「頬杖をつくな!」

と怒られていた人も多いと思います

無意識のうちにやってしまう事も多いですよね★

 

頬杖をつくことの何が悪いんでしょうか?

まず見た目から、

「行儀が悪い」

「ふてくされているように見える」

「だらしなく見える」

というのもありますが、

 

身体への弊害が

「歯並びや嚙み合わせへの悪影響」

「顎関節症のリスクが高まる」

「顔が歪む」

「ほうれい線、肩凝りの原因になる」

というものもあります

 

頬杖をつくことで顔の片方にだけ

圧力がかかり、この癖を長く続けていれば

顎の骨にまで歪みが出て長時間をかけて

左右非対称の顔ができあがってしまいます

 

歯並びが悪くなるのも同じ理由で

短期間で歯並びが変わることはなくても

一つの動作を長期間にわたって繰り返す

ことで小さな力が積み重なって歯並びを

変えさせるまでになってしまいます( ゚Д゚)

 

当然ながら歯並びが悪くなれば

歯が磨きにくくなり、

虫歯や歯周病の原因にもなります

 

つまり、「頬杖をつく」癖には

デメリットしかありません・・・

 

体がどちらかに傾いてしまい

気づいたら同じ方ばかり使っている

という方は筋力が落ちている

可能性があるので

意識して筋トレをやって

綺麗な姿勢をキープできるようにしましょう