身体の「酸化」を防ぐには

こんにちは!

西宮市、夙川・苦楽園エリアの女性専用サロン

「夙川カレーズ」のオーナーセラピストの三好です☆

今年も半分過ぎましたね

個人的には3月に退社、引っ越し

4月に改装工事

5月にお店スタート、と

怒涛のように過ぎていってしまいました

時は金なり、といいますが

私達は日々「老化➡死」へと同じ方向へ

歩いて行っています

逆行することなど誰にもできません

できませんが、自分の力で老化をゆるやかにする、

健康で活動できる時間を増やしていく

ということはできます

老化が進む原因の一つとして「体の酸化」がありますが

「活性酸素が増えると体に良くない」

という話はよく聞きますね

活性酸素とは

「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」

のことです

活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを

撃退する役目をしています

ところが、この活性酸素が増えすぎると

正常な遺伝子や細胞をも攻撃(酸化)

してしまうのです!(´-ω-`)

もちろん、人の身体にはこの活性酸素から

身を守るため、「抗酸化酵素」などによる

防御システムが備わっているのですが、

かなしいかな、加齢とともにその防御力は

弱まっていきます

特に40歳を過ぎた頃から急激に減って

いってしまいます

年齢がいくと疲れやすくなる、

風邪を引きやすくなる、肌荒れやシミが目立つ

などという症状が出てくるのはそのためです

つまり、活性酸素が増える=老化が進む

ということなんですね(‘Д’)

年齢を重ねて体内の「抗酸化システム」が

衰えてきたら外から抗酸化物質を積極的に

摂取しましょう!

・ビタミンA

・ビタミンC

・ビタミンE

・ポリフェノール

・カロテノイド

・カテキン

は抗酸化物質の一例ですが、野菜や果物

に多く含まれるので食生活に積極的に

取り入れましょう!

ストレスや睡眠不足、喫煙や過度の飲酒なども

活性酸素を増やすもとになります

また、適度な運動は健康に良いですが

他人と競うスポーツなど、激しい運動は

呼吸量が大幅に増え、

多くの酸素を燃焼させてエネルギーを

生み出すため、活性酸素を大量発生させて

しまうので逆効果です

人生100年といわれている現代、

少しでも健康に、楽しく

毎日を生きたいですよね♪

身体も長く使っていると当然あちこち

不調が出てきます

健康を当たり前と思わず

「メンテナンス」を意識して

大事に使ってあげて下さい(≧▽≦)