梅雨の体調不良は「湿邪」が原因?

こんにちは!

夙川・苦楽園エリアの女性専用サロン

「夙川カレーズ」のセラピスト、三好です(≧▽≦)

今年は梅雨入りが早く、そのわりにあまり

雨が降らない日が続いていましたが、

ようやく本格的な梅雨に入るようですね★

梅雨になると体調不良を訴える人が多いですが

水分の過剰摂取に加え、「雨による湿気」

という環境も体に余分な水分が溜まりやすい

原因になります

・体がむくむ

・体が重だるい

・頭痛、めまいがする

・食欲不振

・軟便や下痢傾向である

などの症状が思い当たる方、

「湿気負け体質」

である可能性が高いです

「過剰な湿気は胃腸を弱らせる」

と考えられています

漢方の考えでは

「胃腸(脾)は湿気を嫌い、乾燥を好む」

と言われ、湿気の多い梅雨や夏に

食欲不振や消化不良が多く

乾燥する秋に食欲が増し、消化が良くなります

食事面では余分な水分を摂りすぎないこと

余分な水分を身体に溜めやすくしてしまう

塩分を摂りすぎないこと

一方で水分や塩分を排出してくれる

カリウムを摂取するため野菜や果物を

摂ることも重要です

★余分な水分を排出し必要な水分を補充する食材

キュウリ、スイカ、メロンなどの瓜類

グリーンピース、ソラマメなどの豆類

★水分代謝をよくする食材

ハトムギ、小豆など

★酸味のある食材(毒素を排出する)

梅干し、柑橘系フルーツ、酢の物

などを積極的に摂って

体の中から改善していきましょう♪

それと、畳以外の床に布団を直に敷いて

寝るのは、床から来る「湿気」を直に

身体に取り込んでしまうことになるので

畳の上以外ではなるべくベッドに寝ましょう

今年はコロナ禍2度目の夏

まだまだ気を抜けない日々が続きますが

暑い夏を乗り切るためにしっかりと

体力をつけておきたいですね☆彡