あなたをつくるのは「習慣」です③

 

こんにちは!阪急苦楽園口駅から徒歩すぐの女性専用サロン

「夙川カレーズ」のオーナーセラピストの三好です^^

前回からの続き、

「人が変わろうとすると生理的機能が邪魔をしようとする」

「人はなるべく自分の心地の良い領域(コンフォートゾーン)

に留まろうとする」という話なんですが、

本能なんだから仕方ないよね~、などと流せない方

 

このままじゃダメだ!変わりたい!

と切実に思ったらどうすればいいのか?(´-ω-`)

 

今の自分よりも上のステージが「コンフォートゾーン」だと

脳に思い込ませるしかありません

 

この方法を「アファメーション」というのですが、

やり方を聞けば、今までみなさんも聞いたことのある

内容だと思います

 

よく、学生の頃から

「目標は紙に書いて目につくところに貼っておけ」

とか

「目標は声に出して人に話せ」

とか言われなかったですか?

それですよ、それ!

 

まず、なりたい自分を考えて、具体的にメモや紙に書く

そして鏡の前に立って、自分の目をみてハッキリと宣言するんです

 

アファメーションとは、端的に言えば

「なりたい自分になるための言葉による思い込み作り」

のことです ヾ(≧∇≦*)/

 

ただ、アファメーションには正しいやり方があって

あまり現実離れした目標を立ててしまうと

(例 新しい会社を設立して1年以内に年商3憶円越えする、など)

立てた目標と現実とのあまりのギャップに脳が不快感を憶えて

「どうせできる訳ないし・・・」とネガティブな考えが出てきて

しまうので要注意です

 

ネガティブな言葉や感情はアファメーションの大敵です

実行するときは必ず、肯定的な言葉を使いましょう

 

太っているのがイヤだからダイエットする ➡ ✖

理想的な体型になるためにダイエットする ➡ 〇

 

という感じです

 

そして、必ず現在形を使うこと

が重要なんだそうです

「今よりもっと痩せてキレイになる」ではなく、

「私は痩せていてスタイルのいい美人」という風に

 

自分に暗示をかけることで今まで無意識に「実現できるわけない」

と思っていたネガティブな精神的ブレーキを取り払うことで

なりたい自分に近づける

もっとも、その人がアファメーションをどのように受け止めているか

その事を本気で宣誓しているのかどうかで、効果は大きく

違ってくるのだそうですが・・・

 

かくいう私も、今必死で自分のコンフォートゾーンをずらそうと

もがいている最中です・笑

だって、もっと上の景色を見てみたいから

もっとお客さんにいいサービスを提供して

幸せになってもらって、

自分も幸せになりたいから

 

コロナ騒動の真っただ中、世の中の色んな事が停滞し、

当たり前だと思っていた日常がどんなに素晴らしくて

恵まれていたのか、しみじみと思います(´・-・。)

 

今回、結構な長文になってしまいました

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

お店は一旦休業することにしましたが、

ブログはアップしていきますのでよろしくお願いしますヽ(´∀`。ヽ)