足の筋肉が重要なワケ①

 

こんにちは~、年末ムードが漂ってきた今日このごろですが

みなさまいかがお過ごしでしょうか、

夙川カレーズのオーナーセラピストの三好です

今日はフーレセラピーのお話です

フーレセラピーは手ではなく、足を使って全身を施術するリンパケアマッサージですが

一つ、ルールがあります それは

 

「必ず下半身から施術すること」です

よく「ふくらはぎは第2の心臓」と言われますが、

私は最初に聞いたときその意味がわからず、

「足と心臓が何の関係があるの?」と疑問に思いました

理由を知ってなるほど、と感じました

ふくらはぎは心臓と同じく全身に血液を送る「ポンプ」の役割をしています

人間が二本足で立つようになって、四本足の時以上に遠い距離の血液を

心臓に送り込まなければならなくなり、心臓の負担が増大し、

足の筋肉により補う必要が生じたのです

ふくらはぎが硬くなったり、筋肉が衰えたりすると

血液がうまく心臓に戻らないことになり、足がむくみ、ひいては体の不調につながります