睡眠時間の質と重要性

皆様こんにちは!

阪急苦楽園口駅すぐの女性専用サロン

「夙川カレーズ」のオーナーセラピスト

三好です(≧▽≦)

 

最近朝晩と昼間の寒暖差が激しいですが、

体調など崩されてらっしゃらないでしょうか

 

秋は、春・夏と外に向けていたエネルギーを

体の中に収め、冬に向かって蓄えていく時期です

 

最近ネットで目にした記事で

「睡眠不足と運動不足は貧困に繋がる」

というのがありました

 

睡眠不足が心身に悪影響を及ぼし、

その結果、仕事のパフォーマンスの質が下がる

という事なのでしょう

 

日本人は真面目なため、仕事を常に最優先させ

活動時間を捻出するために、睡眠時間を削る

という考えが今まで当たり前でした

 

仕事だけでなく、受験勉強などでも昔は

「四当五落」などという言葉がありました

(睡眠時間が一日4時間以下の受験生は合格し

5時間以上寝ている受験生は不合格になる、

という意味ですが、知っている人は昭和の世代・笑)

 

長時間寝る=怠け者

だという認識だったのでしょうが、

今はしっかり休息を取ることも仕事の

一部とされています

 

睡眠時間の確保はもちろんですが

長時間寝ればいい、というわけではなく

「睡眠の質」

が重要になってきます

 

では、「質のよい睡眠」とは何でしょう?

 

良い睡眠の条件として、

「寝つきがよい」

「ぐっすり眠れる」

「寝起きがスッキリしている」

の3つがあるそうです

 

目の前の忙しさに追われ、不規則な生活を

送っている人が多いですが

「寝る前の飲食を控える」

「入浴も寝る1時間前に済ませる」

「日中、適度な運動をする」

「寝る前にスマホやパソコンを見ない」

という事を意識的に習慣づけるだけで

あなたの睡眠の質は格段に良くなります

が・・・案外難しいですよね・笑

 

私もついつい寝る前にスマホを

見てしまいますヾ(。>﹏<。)ノ

 

要は寝る前によけいな情報を入れて

脳を興奮させてはいけないんですが、

眠るのにも「準備」が必要なんですね

 

忙しい現代人には

「1日のうち何もしない時間」

を創るのは難しいかもしれませんが

意識して、「習慣」にしてしまえれば

案外楽かもしれません

自分の中で

「こうあらねば!」という思い込みを

書き換えてみましょう