お顔にストレス、たまってませんか?

こんにちは!

阪急苦楽園口から徒歩すぐの女性専用サロン

「夙川カレーズ」のオーナー兼、セラピストの三好です(≧▽≦)

 

コロナウイルス感染の影響で撮影ができないため

朝ドラと大河ドラマの放映が中断されるそうですね・・・

今回の大河ドラマ「麒麟がくる」を楽しみに見ていた私は

本当にガッカリですヾ(。>﹏<。)ノ

仕方ないですが・・・

 

この間放映された回で印象に残った場面がありました

(ここからは大河ドラマを見ていない方は何のこっちゃら

でしょうから飛ばしていただいてもノープロブレムです)

 

染谷将太さん演じる織田信長が病気になった、と嘘をつき

自分の命を狙う弟を呼び出します。

信長と弟の信勝はお互い心の内をさらけ出し、激しく討論し、

信長は涙を流すのですが、よく見るとその涙は

「右目からしか出ていない」!!(゚Д゚ノ)ノ

この後、信長は弟が霊水と偽って自分に飲ませようとした

毒を弟に飲ませ、謀殺してしまいます・・・

 

人の本心は左側の表情に表れる、といいます

感情を司る右脳の働きは身体の左半身に直結しているからです

つまり、信長は弟との確執、そして謀殺したことを

本心では悲しんでいない、ということなんですね

 

あえてそういう演出にしたのか、

それとも染谷さんの演技力か(だとしたら恐ろしい子!)

どっちにしろ、すごい脚本だと思いました

 

さて、いつもながら前置きが長すぎましたね(ρω< )⌒☆

今回は身体だけでなく、顔にもストレスがかかっている

という話なんですが、

皆さんは「顔のストレス」を意識したことがありますか?

おそらく、身体ほどには意識されていないかと思います

人は自分の顔を自分で直接見ることはできませんし、

身体と違って、どこかが不調を訴える、痛くなる、

などということはあまりないからでしょう

 

しか~し!日々満員電車に乗ってヘトヘトになったり、

スマホやPCの画面を長時間見たりしている間に

私達はいつの間にか

「眉間にしわを寄せてしかめっ面」になっているんですよ!

 

こうした「顔のこわばり」は心身の健康にも悪影響を及ぼしてしまいます

さらに、コロナ下の自粛生活で、人と会って話す機会が減り

表情筋も衰える → 皮膚が下がってきてだんだんと

「ブルドッグ顔」

に近づいてしまいます\( °д° )/

さて、そうならない為にはどうすればいいのか?

そのお話はまた次回に